離婚慰謝料

「慰謝料=浮気の代償」というイメージが強いと思います。

 

離婚の慰謝料とは、生命や身体、名誉や貞操などを侵害した不法行為を働いた夫(あるいは不倫相手など)が、配偶者に対して支払う金銭のことです。

 

慰謝料という言葉に良いイメージを持つ人はいないと思いますが、女性が離婚直後に一番必要なのは金銭的なゆとりではないかと思います。

 

離婚後に待ち受けている経済的自立は、想像以上に簡単なことではありません。
これからの生活が経済的に余裕があれば、離婚による苦痛・困惑を少しだけ和らげることができるのではないでしょうか。

 

慰謝料を請求する時「浮気したのだから慰謝料払ってよ!」と相手に言ったらどうなると思いますか?

 

確かな証拠がなければはぐらかされるか、もしくは逆切れされて終わりです。

 

もし相手が浮気をしていたとしても、継続した関係を実証できなければそれは証拠にはなりません。
それは浮気相手にも同じことが言えます。
また、相手の暴力による慰謝料請求も同じです。

 

証拠となるものがなければ、出るところに出た時に負けてしまうのです。

 

それなら、出るところに出ないで上手に慰謝料を請求する方法を探した方がいいですよね。
もめにもめて弁護士を立てたとしても、お互いの妥協点を探すのが弁護士の仕事なので、希望する慰謝料を受け取ることは難しいでしょう。

 

ここでは、女性ができるだけ多く確実に慰謝料を受け取れる方法を紹介しています。

 

新しい人生を歩きだす時、少しのゆとりを持っていれば見えてくるものも違ってくると思いますよ。

 

離婚慰謝料について