離婚後の親権

  • 親権とは、子の幸せや福祉、利益保護が最大限尊重されるべき事項です。
  • 離婚後も夫婦が共同で親権を持つことはできません。協議離婚では、未成年の子供の親権者を決めなければ離婚届は受理されません。
  • 離婚理由がどうであれ、親権については母親が圧倒的に有利です。子供には母親が必要ということで、子供が小さければ尚更有利です。

 

離婚後の親権:【上手な離婚方法】女性に有利な離活(離婚活動)方法

過去のデータからみると、全体の8〜9割が母親が親権を持ち、圧倒的に母親が有利です。

 

子供の意見が重要視されるのは10歳前後からで、子の年齢が15歳以上であれば子の意思が尊重されます。

 

離婚後の親権を決める時のポイント
  • 夫(妻)の経済力や生活状況・態度
  • 子供に対する愛情
  • 子の意思

 

離婚後の親権について