シングルマザーを楽しく生きる

シングルマザーという言葉に「負」のイメージを持つ人がまだまだ多くて、「シングルマザーなのに!シングルマザーのくせに!」って思ってる人も多いことを身をもって感じたりもします。

 

でも、シングルマザーになることは自分自身で決めたはず。

 

最初からシングルマザーとて子供と生活をしている人。
そして、私のように離婚を経てシングルマザーになった人。

 

どっちにしても一人で子供を育てることに変わりはなくて、夫婦そろってなくたって私の精いっぱいで頑張っている!と思っています。

 

子供に寂しい思いをさせないために、必死で働くし、一緒にいれる時間は子供のために惜しみなく使う。
今を精いっぱい生きている!それがシングルマザーの姿なんじゃないかな〜って思います。

 

いつもは笑って楽しくしていても、夜一人になった時、急に涙があふれてきて、子供が起きないように声を殺して泣いたりもするけど、気がすむまで泣くことだって今の私には必要なことです。

 

シングルマザーになって、ほんの少し人の傷みも分かってあげることができたり、いろんな人に支えられて生きていることを知り感謝の気持ちをもったり、新しい世界に出て新しい出会いがあって、それが自分を成長させてくれる出会いだったり。

 

今まで見落としてきたこと、今まで感じずに通り過ぎていたこと、そんなことにも目を向けることができるようにもなってきた。

 

そして何より、息子をいとおしいと思う気持ちを再確認していること。
一人で立っていることがとても辛くて苦しいこともあるけれど、ちっちゃな笑顔で支えてくれているのが、かけがえのない息子の存在です。

 

私にとって離婚してシングルマザーになったことは、神様から与えられたチャンスなんだと思っています。

 

息子にとっては「いい迷惑」かもしれないけど(笑)

 

すでにシングルマザーの人も、これからシングルマザーになる人も、一緒に楽しく生きましょう!っていうメッセージが詰まった「シングルマザーを楽しく生きる知恵」が、少しでも元気が出たり役に立ったりすることができれば嬉しいと思っています。

 

離婚について

シングルマザーを楽しく生きる知恵

公共機関所在地