離婚の種類

離婚の種類には協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚の4種類があります。

 

離婚する夫婦の90%以上が協議離婚で離婚を成立させている一般的な離婚方法で、話し合いで離婚が合意に達し離婚届けを提出するという流れになっています。

 

調停離婚は離婚全体の約9%を占める離婚方法で、話し合いで離婚が合意に達しない場合、調停委員という第三者に介入してもらって家庭裁判所で行われる方法です。

 

審判離婚は、調停での話し合いも決別してしまい、家庭裁判所が離婚した方がいいだろうという審判をくだし離婚が成立する離婚方法で、極めて少ないケースです。

 

裁判離婚は離婚全体の1%未満で、家庭裁判所でも離婚が成立することができなかった場合に、夫婦のどちらかが離婚の訴訟を起こし判決により離婚を成立させる方法です。

 

以上が日本で行われている離婚の種類ですが、一度は一生共にすることを誓った二人が、公衆の面前で争うのは悲しい出来事です。

 

でも、離婚のシステムを知らないと女性はどんどん不利な状況に追い込まれてしまうので、「離婚ってこじれちゃうとこうなるんだ」という認識を持っておくことが大事だと思います。

 

ここでは、離婚の種類とそれに伴う手続きや書類のことなどを詳しく紹介しています。

 

離婚の種類について

協議離婚について

調停離婚について

審判離婚について